結婚指輪の価格

指輪をはめる結婚指輪は結婚してから夫婦で左の薬指につける指輪で、いわゆる結婚している証のような指輪です。多くの場合、結婚式までに揃え、結婚式で指輪の交換を行うことがほとんど。もちろん強制ではないので、カップルの考え方によっては指輪の交換をしない場合もありますが、ほとんどは結婚指輪の交換をします。では結婚指輪の価格は大体どのぐらいが目安なのでしょう。もちろんいろいろな考えがあり、価格もいろいろです。ある調査では結婚指輪の平均はペアで15~25万円と言われています

しかし結婚指輪の場合、ペアでも5万円ぐらいのホワイトゴールドなど、思ったより安価で購入することもできます。素材は一生つけていることを考えると、やはりプラチナやゴールド、ホワイトゴールド、チタンなどがおすすめ。プラチナ900は硬度も高く、変色もなく、結婚指輪の素材としては一番人気です。とはいってもやはりゴールドの好きなカップルもおり、その場合は18金を使う場合もあります。他にも価格を下げたい場合、プラチナと感じは似ていますが実際はホワイトゴールドで出来た結婚指輪もあります。これならペアで5万円程度から揃うというメリットも。また金属アレルギーの場合は、ゴールドやプラチナにはアレルギー発症の原因にも。そこでチタンならほとんどの金属アレルギーの人も、安心して身に付けることができます。チタンもプラチナ900よりは定価格で購入できるので、大体ペアで7万円ぐらいから購入可能。また最近は結婚指輪でもダイヤなどをちりばめたデザインもありますが、小さいメレダイヤは価格も定価格なので、思ったより高くならず似購入できます。