価格と人気

指輪結婚指輪は価格としてはペアで平均20~25万円が一番多いと言われています。素材はゴールドとプラチナが多く、特にプラチナの方がやや多くなっています。プラチナの場合はどうしてもペアで15万円以下はなかなか見つかりにくいようです。その点ゴールドはペアで激安品なら10万円程度から探すことができます。またホワイトゴールドなら激安タイプで5~10万円程度でも探せます。チタンも激安なら5~10万円程度で購入可能。18金やホワイトゴールドで20万円以下のタイプが一番人気となっています。特にプラチナと同じように見える、銀色のホワイトゴールドはプラチナと比べて半額程度のものもあり、予算をあまり掛けたくないカップルにもおすすめです。

平均としては20~25万円の結婚指輪を購入する人が多いということですが、10~20万円の間で購入する人たちもとても多いのが現状です。そしてデザインもいろいろあり、特にダイヤの小さいものが埋め込まれたものも人気があります。小さなメレダイヤは価格的には安いため、メレダイヤが幾つか埋め込まれていても価格的にグーンと高くなることはありません。特にメレダイヤのような、とても小さなものになるとその価値は安くなります。逆に0.1以上の粒ダイヤは大きさによってグーンと価値が高まるのです。そのためメレダイヤはそれほど価格を高めることはありません。他に結婚指輪をDCブランドのペアリングを選ぶ傾向があり、その場合はどうしてもベアで30万はくだらないでしょう。

参考HP⇒結婚指輪情報サイト

素材と価格

結婚指輪の場合は多くの場合宝石を使わない素材のみのリングとなります。最近はダイヤなどを埋め込むデザインも人気ですが、それでも主体はやはり素材となります。そこでどのような素材が人気なのか。それぞれの価格帯などのご紹介です。もちろん価格はデザインの価格などもあり、はっきり幾らとは言い切れませんが、大体の目安として素材別の価格を知っておきましょう。

指輪大体結婚指輪に使われる人気の素材はプラチナ、ゴールド、コンビ、チタンがあります。ゴールドの中には18金やホワイトゴールドやピンクゴールドなどがあります。プラチナはプラチナ900が硬度も高く結婚指輪には一番人気です。900は純度のことで高品質プラチナと言えます。またゴールドの場合、いわゆる金色が好きな人は18金。ホワイトゴールドは、見た目はプラチナのように銀色のゴールドです。ゴールドに銅や銀を混ぜたもので、特にゴールドに銀を多く混ぜたものがホワイトゴールドで、銅を多く混ぜたものがピンクゴールドとなります。変色もなく、硬度もあるので人気です。コンピはデザイン上、プラチナとゴールド系を合わせたものを言います。チタンは金属アレルギーの人におすすめの素材です。

平均的な価格として、プラチナ900は約15~35万円(2人分)、18金は約15~30万円(2人分)、ホワイトゴールドは約5~15万円(2人分)、コンビは約15~25万円、チタン5~10万円(2人分)となります。あくまでも大体の価格であり、デザインや宝石の有無によっても違ってきます。

結婚指輪の価格

指輪をはめる結婚指輪は結婚してから夫婦で左の薬指につける指輪で、いわゆる結婚している証のような指輪です。多くの場合、結婚式までに揃え、結婚式で指輪の交換を行うことがほとんど。もちろん強制ではないので、カップルの考え方によっては指輪の交換をしない場合もありますが、ほとんどは結婚指輪の交換をします。では結婚指輪の価格は大体どのぐらいが目安なのでしょう。もちろんいろいろな考えがあり、価格もいろいろです。ある調査では結婚指輪の平均はペアで15~25万円と言われています

しかし結婚指輪の場合、ペアでも5万円ぐらいのホワイトゴールドなど、思ったより安価で購入することもできます。素材は一生つけていることを考えると、やはりプラチナやゴールド、ホワイトゴールド、チタンなどがおすすめ。プラチナ900は硬度も高く、変色もなく、結婚指輪の素材としては一番人気です。とはいってもやはりゴールドの好きなカップルもおり、その場合は18金を使う場合もあります。他にも価格を下げたい場合、プラチナと感じは似ていますが実際はホワイトゴールドで出来た結婚指輪もあります。これならペアで5万円程度から揃うというメリットも。また金属アレルギーの場合は、ゴールドやプラチナにはアレルギー発症の原因にも。そこでチタンならほとんどの金属アレルギーの人も、安心して身に付けることができます。チタンもプラチナ900よりは定価格で購入できるので、大体ペアで7万円ぐらいから購入可能。また最近は結婚指輪でもダイヤなどをちりばめたデザインもありますが、小さいメレダイヤは価格も定価格なので、思ったより高くならず似購入できます。